ポンコツ夫婦の何気ない日常


by open

カテゴリ:ドライブ・日帰り温泉( 11 )

刺巻の水芭蕉

昨日は、秋田県刺巻の水芭蕉群生地を見に行ってきた。
国道46号線沿いあり、JR田沢湖線の刺巻駅も近く、交通の便利がいい。
シーズンの時は駐車場もトイレも完備、産直や屋台などもあるので人気のスポットだ。
c0324959_08130194.jpg
例年より湿地帯の水が少ない。やはり雪が少なかったせいだろうか。

水芭蕉はまだ若い感じかな~^^
c0324959_08142561.jpg
かなりの広さの湿地帯にわたり板がこのように張り巡らされていて、好きなところを通れる。
c0324959_08161451.jpg
わたり板は結構狭い。
人とすれ違う時は写真でもわかるようにところどころもうけたスペースでお互いに譲り合う。

「座禅草」もあちこちで見られた。
c0324959_08234099.jpg
その名の通り、お坊さんが座禅している姿に似ているからだそうだ。
であれば、「座禅僧」でも正しいのかな^^

広い散策路をゆっくり見学した後は、屋台で名物の「山の芋なべ」を食べた。
これが毎年楽しみで~~^^
醤油ベースの汁に、鶏肉・きの子・人参・牛蒡・セリ・ねぎ・しらたき、そして主役の山芋で作った団子が入っている。

昨日は風が強くちょっぴり寒かったので体に沁みるおいしさだった。
つい、食べることに集中してしまい写真を撮るのを忘れてしまったよ~~
実物ではないけれど、これが「山の芋なべ」^^;
c0324959_08384876.jpg
店の隣にはテントが張ってあって、そこで食べることが出来る。
山の芋鍋を売っているおばちゃんたちが
「すだげちゃ~¥$△%○&??」
「えっ?なんですか?」
思いだした~このやりとり~毎年やってる~~

「すだげちゃ」と聞こえたのは「しいたけ茶」のことだった!
テーブルにセットしてある「しいたけ茶」をご自由に飲んでください、ということだ。
お茶も温かいけど方言も温まるね~^^

目の保養もして、お腹も満足した後は更に西へ向かい、角館まで行った。

しかし、そろそろ庭仕事を始める時間だ~~
角館での様子はまた明日書くことにしよう^^

では〆に昨夜のごはん。

c0324959_09032279.jpg
昨夜はマグロとアボカドのユッケ丼、山芋と牛肉の煮物、ホヤときゅうりの酢の物、わかめと卵の味噌汁などだった。

震災で一時は市場から消えた三陸のホヤが年々元気を取り戻している。
「三陸の漁師さんたち~~我が家は今年もたくさん食べるぞ~~!」
と決意を新たにしているところだ。

[PR]
by 20070707open | 2016-04-10 09:15 | ドライブ・日帰り温泉 | Comments(8)

八食センター~種差海岸

今日は仕事が休み。
朝のお天気は雲一つない快晴だった。

昨日は車の点検日でメンテもOK。洗車もしてもらったのでピッカピカだ。
急きょ、八戸の八食センターを目指し出かけることにした。

国道4号線を北上し青森県に入り、三戸の道の駅でちょっと休憩。
c0324959_18520972.jpg
三戸は「11匹のねこ」で有名なイラストレーターの馬場のぼるさんが生まれたところだ。入り口に猫のイラストが~中ではグッズが売られていた。

車の運転って体を動かしているわけではないのにやたらお腹が空く。
その地域で昔からおやつとして食べられているという「てんぽ」を買った。
c0324959_18523347.jpg
ネーミングが面白い。形はせんべいみたいで触ってみると固めの餅みたい。

私たちがこれなんだろう?と見ていると地元の人が「わ~、てんぽだ~」となんだか喜んでいる。
「これどんな感じなんですか?」って聞くと「味はほとんどないけど昔からあるおやつで美味しいよ^^」
食べてみたくなって、イカの粉と醤油が塗ってあるものを選んだ。

これがね、美味しかったのよ~!
小麦をベースにご飯が少し入っていて程よい食感。わずかな塩と砂糖で味が付いている。
たぶん油で揚げたんだと思うけど全く油っこくない。
ほんのりイカの風味とちょんちょんと塗ったしょうゆが美味。
一個しか買わなかったことを後悔した。

三戸から八戸までは40Kくらいだろうか。
何度か訪れているから順調に目的地に着いた。
c0324959_18525546.jpg

ちょうど昼頃だったのでまずは腹ごしらえを・・・

日曜日ということもあって食堂はどこも行列が出来ていた。

そういうとき私たちは寿司弁当が安くておいしい店で好きなものを買って市場の中の休憩スペースで食べる。
今日はマグロが美味しそうな寿司弁当630円と漬物やさんできゅうりの一本漬けを買った。
食べ始めてから、あっ!写真~と気付いて撮ったのでこんな感じ;
c0324959_18531348.jpg
マグロもイカもエビも酢飯も、理想的な味~握りたてだからうまい!

食後、市場をゆっくり見て、干したイカとイカの塩辛と煮干しを買った。
コレステロールは気になるけれど、イカが好きなので・・・

八食センターで十分楽しんだ後は、海が見たくて近くの種差海岸へ向かった。

種差海岸は私が子供のころ夏になると家族でキャンプをした思い出深いところだ。
そして、私も親になり、子供たちを何度かキャンプに連れて行った。

夫も昔、夫の子供たちとキャンプをしたそうだ。
夫も色々思い出してシミジミしていた。

海辺の広~いスペースが全て芝生なのでどこにテントを張ってもふかふかで気持ちがいい。
それになんといってもこのロケーションだ。
c0324959_18533497.jpg
c0324959_18535903.jpg
見たかった海を目に焼き付け、帰りは残雪の平庭峠を通るコースで盛岡に帰ってきた。
c0324959_18544521.jpg

私も夫も晴女に晴男~それにしても今日のお天気はヒット!
途中、ちょっぴり眠くなった時は夫に運転を代わってもらったし^^気持ちの良いドライブだった。

そうだ、今度行ったときは「てんぽ」をいっぱい買ってこよう。
なぜか今そう決意している。
花より団子キャラ全開だぜ。


[PR]
by 20070707open | 2016-03-27 19:47 | ドライブ・日帰り温泉 | Comments(2)
今日から10月、今朝は一段と寒かった。
先日岩手山が初冠雪したし。
ついこの間まで暑い暑いと言っていたのにね^^;

さて、ドライブと日帰り温泉が好きで、近くの穴場的な所を探しては訪ねて行くポンコツ夫婦。
北東北三県、特に故郷岩手はかなり網羅しているつもりだった。
しかし、以前から、近いのに行ったことがない、気になっていた日帰り温泉がある。

そこは花巻から東に少し行ったところにある「東和温泉」だ。
今日はそこが目的地♪
国道4号線から県道283号線(釜石に抜ける道路)に入って行くと何とものどかな風景が広がる。

c0324959_16531550.jpg

癒される~~~^^
もしかしたら大昔に通ったことがあるかもしれない・・・でも、なんだか初めて通るような新鮮な感じがした。

私よりもかなり長く生きている夫も初めての道かも、と言っていた。

東和温泉は日高見の霊湯と言われている名湯だ。

c0324959_16534538.jpg

お風呂は源泉かけ流しの大きな浴槽と炭酸を溶かした炭酸風呂、フィンランド風サウナ(熱した石に水をかけながら汗をかく)、そして露天風呂もあった。

ゆっくり、どのお湯も堪能して~極楽極楽~~♪

日帰り入浴料は600円。
今日は私たちにしては珍しく、入浴とランチがセットになって一人1090円のチケットを買った。

この日帰り温泉の建物の隣にはフォルクローロというホテルが併設されていて建物が繋がっている。
c0324959_16540979.jpg

ホテルのお客さんも利用するためか、レストランは日帰り温泉施設の食堂という感じではなく立派なレストランだった。

お風呂上り、何種類か選べるメニューの中から、私は「きのこおろしそば」夫は「からあげ丼」を頼み、シェアして食べた。
「きのこおろしそば」が大当たりでとっても美味しかった。

このクオリティーでお風呂と食事で1090円は安い!また行こう^^

温泉、ランチの後は久しぶりに北上の激安スーパーに行った。
サウナで一緒になった女性二人組がたまたまその激安スーパーの話をしていて「最近はあまり混んでないよね」と言っていた。

行ってみたらその言葉通り、いつもより空いていた。ラッキー。
商品はいつも通り、新鮮で安かった。いい買い物ができた。

c0324959_16542799.jpg
これで2500円分。満足^^


さてさて、これから天気は急に悪くなるらしい。
爆弾低気圧だって~!?怖いネーミング・・・
戸締りをしっかりして、何事もなく嵐が過ぎるのを祈る。。。


[PR]
by 20070707open | 2015-10-01 16:59 | ドライブ・日帰り温泉 | Comments(2)

誰もいない海

シルバーウィークも終わりか~~連休中お天気が良くて良かったね♪

どこにも出かけなかった我が家だが、わざわざ混雑しているところに行くこともないだろうと負け惜しみを言っている(笑)

普段は平日休みが多いので、ドライブしても道路が空いているので快適だ。
そんなドライブに慣れているから渋滞や人混みはどうも苦手である・・・

そういえば・・・ブログには上げていなかったが、2週間ほど前の平日、三陸山田の荒神海岸に行った。
「荒神海岸」はポンコツ夫婦にとって思い出の多いパワースポットだ。
どこかに行ってリフレッシュしたいとき、思い浮かぶ大切な場所である。

夏も過ぎ、たぶん誰もいない海だろう・・・海を眺めながら砂浜でお弁当を食べよう♪
というわけでいざ荒神海岸へ^^

c0324959_08200694.jpg

夏も過ぎ、少し肌寒くなった海には誰もいなかった。。。と思ったら。。。
一羽の海猫が散歩をしていた。
c0324959_08173465.jpg

近づいても逃げない。
c0324959_08175236.jpg

飛べないのだろうか・・・ケガをしているかもしれない、ちょっと心配。
私に近づいて来て目を合わせるので何かしてほしいのかな?

猫好きの私~海猫も可愛いね♪
しばらくお散歩を楽しんだ。
c0324959_08183203.jpg


古い歌で、トワエモアの「誰もいない海」という歌がある。
若いころは歌詞の内容がただただ暗い感じがしてあまり好きではなかったが、今、この歌をじっくり聞くとしみじみしてしまう。
歌詞の深い内容が心に沁みるのだ。とても良い歌だと思う。

♪私は忘れない~~海に約束したから~~つらくてもつらくても、死にはしないと~~♪
イイネ^^


c0324959_08190368.jpg
昨夜は久しぶりにピーマンの肉詰めを作った。
トマトソースはトマト缶を使った自家製。
ピーマンが嫌いな夫は中味だけ食べた。
ピーマン大好きの私は夫の残りもいただいて大満足♪


[PR]
by 20070707open | 2015-09-24 08:28 | ドライブ・日帰り温泉 | Comments(2)
いきなり、まずはごはんの写真。

c0324959_16001644.jpg
一昨日の晩御飯はなめたがれいの煮付け、夕顔のピリ辛油いため、ラム肉のミニステーキなどだった。
このなめたがれい、アメリカ産で三切れ350円ほど・・・
味の方は期待していなかったが、なんと大当たり!美味しかった!!

c0324959_16014617.jpg
昨夜はいなだのお刺身、きんぴらごぼう、マカロニサラダなど。
いなだはこの量で198円。こちらも大当たり!美味しかった^^v


さて、本来であれば昨日は仕事のある日だったが、急きょ休みが取れた♪

そこで、秋田の南郷温泉・共林荘に行ってきた。
(以前ご紹介した、日によって色の変わる温泉)

お天気がぱっとせず、岩手と秋田の県境のあたりまでは雨が降っていた。
秋田に入ると雨は上がって空が明るくなってきた♪

ポンコツ夫婦は晴女と晴男^^
気温もちょうど良くなかなかのドライブ日和。

秋田県山内は蕎麦と里芋の産地。
美しい里山の景色が私たちのお気に入りだ。

この地域の人はきっとマメなのだろう。
いたるところの雑草がきれいに刈られ、家々の庭も良く手入れされている。

今の季節は田んぼの稲の穂が重たくなりはじめ、稲独特のいい香りに秋の訪れを感じる。
蕎麦畑も花が満開だ。

c0324959_16010712.jpg
c0324959_16004172.jpg

やまばとの宿」とはバスの停留所。
バス停がみんなこんな感じでステキ♪
停留所の周りの花壇も綺麗♪

温泉ももちろん魅力だが、こういう風景の中を走るのが大好きだ。

温泉を堪能した後、昼は山内の道の駅で~~ここのお蕎麦が美味しい♪
館内のレストランもいいが、家からおにぎりを持って行ったので外の立ち食い風の蕎麦を食べることにした。

あれ?夫がいない~と思ったらイワナの塩焼きを買ってきた。
c0324959_16012765.jpg
わ~い、ごちそうだ~~!

9月の連休にはここで芋の子祭りが開催される。
山内の芋の子は甘みがあってホクホクしていてとっても美味しい。
名物の芋の子汁は味噌仕立てで、具はごぼう・まいたけ・鶏肉・ねぎなどだ。
一般的な芋の子汁はもっと野菜が入って醤油仕立てのところが多いが、私は山内風が好きだ。

次は芋の子汁を目的に来よう♪

さて、今日から月末までは休みなし・・・
今月も良く働いた。

休みが取れるとつい温泉に行きたくなってしまう。
結果、我が家の庭は雑草が生い茂っている。

9月の2日3日は連休だったな。
庭の手入れはこの辺りにすることにして・・・

仕事、家事、遊び、どれもおろそかにはしたくない、欲張りなシニアである^^;


[PR]
by 20070707open | 2015-08-28 16:15 | 日帰り温泉 | Comments(4)

十和田湖から黒石へ

それにしても、いいお天気が続く。

今日も空が晴れ渡っているが、昨日の日曜日はは本当に文句なしのいいお天気だった。

休みが不定期な私たちは、なるべく平日にドライブを楽しんでいる。
あえて混む土日を避けているのだ。
しかし、昨日はあまりの爽やかな好天に誘われ、青森は十和田湖、黒石方面に向かって車を走らせた。

高速は使わず、国道282号線を北に向かって進む。
十和田湖方面は新緑より紅葉の方が人気があるのか、思ったより車が混んでいなくて快適なドライブだった。

282号線から十和田湖に出る道路は二つある。
ひとつは国道103号線、通称十和田ライン
もうひとつは県道2号線、通称十和田・大舘樹海ライン
私たちは秋田県小坂町から入る県道2号線を選んだ。

十和田湖が近くなると緑のトンネルが延々と続く。
新緑の香りの中、快適なドライブ~十和田湖も綺麗だ!
c0324959_14100743.jpg
c0324959_14103909.jpg
c0324959_14110312.jpg

湖畔の土産屋や食堂があるところで簡単な昼食をとった。
楽しみにしていた昼食に関しては大ハズレだったので書かないことにする(涙)

昼食後、奥入瀬渓流方面へ車を走らせた。
こちらも、紅葉の時期と違ってあまり混んでいなかったため、駐車場に車を停めてゆっくり散策することができた。
c0324959_14113495.jpg
c0324959_14120979.jpg
c0324959_14123568.jpg
c0324959_14130385.jpg


森林浴をたっぷり楽しんだ後は、遠出の一番の目的、黒石温泉郷、温湯(ぬるゆ)温泉へ向かった。
十和田湖畔から小一時間ほどかかるかな・・・通称西十和田いで湯ラインを走った。
ポンコツ夫婦はこのラインが好きだ。

途中、浅瀬石川の・・・たしか・・・清流橋?ちょっと自信ないけど・・・

赤い橋の上にちょこんと座る少女の彫刻がある。
頬杖をついて座っているそのたたずまいがとても可愛い。

橋の上なので車を停めにくいが、昨日は道路が空いていたので写真を撮ることができた^^

c0324959_14133687.jpg
c0324959_14135471.jpg

なぜ、こんなところにこんな彫刻が・・・ね、愛くるしいでしょ。
コップのふち子さんの橋バージョン?いや、こちらの方が先だよね(笑)


さて、青森県黒石、温湯温泉「鶴の名湯」については以前ブログで少し書いたことがあると思うが、街中の温泉で地元の人たちが利用している公衆浴場だ。
c0324959_14141325.jpg

何年も前、近くの道の駅でレジのお姉さんに穴場的な温泉を聞いて教えてもらった。
入浴料はなんと200円!シャンプーなどの備品がないし備え付けのドライヤーは3分10円となっているがそれでもぜんぜんOK^^
少し黄味がかりつるっとしたお湯で肌に優しい。
浴場も広くて清潔だ。
昨日は日曜日のせいか、とても混んでいた。
聞きなれない方言で意味がわからないが、耳に心地よい♪

黒石市内に行けば「こみせ通り」という古い町屋の通りを楽しめる。
今度は黒石だけを目的に行って温泉だけでなく街の中も散策してみたい♪

温泉に入りスッキリして、最高の気分で盛岡に向かった。

さあ、ここで帰りのルートは少し吟味しなければならない。
今までの記憶だと、高速に乗らず黒石から282号線に出ようとすると、道路が国道なのに酷道で、やけにしんどかったことを思い出す。

そこで、思案した結果、黒石から小坂まで高速を使おうということになりいざ高速道路へ~

ところが、途中、走りながら見た標識で「小坂からは○○には出られません」と書いているのを見た。
私は運転しながらだったので○○の部分があやふやで・・・
ナビの夫に聞いたらちゃんと見てなかったって言うから、私はカチンときた。

夫はドライブの時、すべてを私に委ねている。
もう少しナビの自覚を持ってほしいな~~と常々思っている私はこういうとき過去ののいろんなことがよぎり、心の中で、あるいは口の中で愚痴る←悪い癖です。
「大体、右と左が逆だし、コンビニが無いところにかぎってトイレ!とかいうし・・・対向車の女性とか歩いている女性のことはしっかり見てるくせに~道路標識や案内は見てないじゃん・・・」と、ブツブツ。。。

ったくもう・・・と、自分の不注意は棚に上げ、結局不安だったので一つ手前の碇ヶ関インターで降りた。

そして国道7号線からめでたく282号線へ出て、順調に盛岡へ帰った。

実は、昨日のドライブにはおまけがある。
若干険悪なムードで高速を降りた後、秋田の小坂町に入ったあたりで(このルートは青森・秋田・岩手の県境をかすめているので1日で3県をまたがったことになる)面白いお祭りの行列に出くわした。

濁川(にごりかわ)・虫送り」という祭りだった。
お祭りといっても田畑と山が広がるのどかな風景の中を大太鼓をたたきながら20人ほどの男性が2体のわら人形を掲げて歩いているだけだ。他に誰もいない。

道路が空いていたので車を停めブログに載せる許可を貰って写真を撮らせてもらった。
みんな喜んでくれて私たちの車を取り囲み盛り上がっちゃって~楽しかった♪
c0324959_14143628.jpg

虫送り」とは、てっきり田畑や人間に害を与える虫のことだと思っていたが、聞いてみると「人間の心の虫」なのだそうだ。
藁人形は男と女の裸をリアルに再現している。
その人形を撫でると心の虫が清められるんだって。
そうよね~心の中にはあんな虫、こんな虫、いろんな悪い虫がいるからね~~
私たちにも撫でろ撫でろ~と皆で取り囲むから、お言葉通りいろんなところを撫でさせていただいた。
「はい、これであなたがたの虫は清められて綺麗になりましたよ」と言われ、なんだか本当にそんな気がした(笑)

考えてみれば、この奇祭に出会えたのは高速道路の降り口をひとつ手前にしたからだ。
2人で「遠回りして、かえっていいことがあったね」と喜んだ。

少し前に「こんにゃろめ~~」と夫を責めたくなった私の心の悪い虫もきれいさっぱり無くなった。

失敗しても転んでも、タダでは起き上がらないポンコツ夫婦である。

そういうわけで、昨日のドライブは「はなまる」だった。めでたしめでたし♪

《追記》ご飯の写真はまたあとで・・・今日もブログネタがたくさんあるけど、それもまたあとで・・・^^



[PR]
by 20070707open | 2015-06-08 14:41 | 日帰り温泉 | Comments(4)

真昼温泉

今日は、昨日書き残した「真昼温泉」について書こうと思うが、そこにたどり着くまでの前段がある。

一昨日行った秋田県横手市山内の共林荘に行く途中にはいくつか日帰り温泉の案内が出ている。
今まで何度も通りながらいつかはそれらの温泉に行ってみようと夫と話していた。

ひとつは西和賀の「真昼温泉」もうひとつは湯田温泉をかすめて山内方面に出るバイパスの途中から山の方に入っていく「日帰り温泉・遊星館」だ。

「真昼温泉」の方は小さな目立たない案内板と日帰り温泉ののぼりが立っている。
「遊星館」の方は道路標識に大きく表示されている。

一昨日は共林荘の温泉に入ると決めていたので、建物の感じだけ見て行くつもりで案内の大きい方を選び「遊星館」の方へ立ち寄ることにした。
もし、いいところだったらそこで入っていこうよ~なんて、かなり期待をしていた。

バイパスから山道に入って少し行くとぽっかり山が開け、田畑が広がる集落があった。
その風景はタイムスリップしたような懐かしい風景だった。
目的地はそこを通り抜けもっと山奥に入っていく。

あ~、なんとそこで、今年初のニョロと遭遇!
「ぎゃー、初ニョロだ~~!!」その声に夫が驚いて「わあ~~!!」
狭い車の中、大声でパニクるポンコツ夫婦。。。
運転手は私・・・一瞬目をつぶった。
踏んだ感触がなかったからちゃんとよけて通ったらしい。
ニョロ~苦手なのよね(汗)

いよいよ目的地へ到着・・・入浴は午後2時~と張り紙がしてあって開いていなかった。
建物もなんだかさびれていて人の気配が全くしない。
ハズレだった・・・

さて、帰り道、またニョロがいる道を通るのか・・・ヤダヤダ~と怖々通ったが、ニョロは消えていた^^v

事前にPCで調べれば良いものを、行き当たりばったりだからこういうことになる。

家に帰って「真昼温泉」を調べてみた。
建物の写真もなかなか良い。
地域の公衆浴場として利用されているようだ。
ブログに書かれている評判もとても良い。
入浴料は300円だって!

ということで、昨日は迷わず「真昼温泉」に一番風呂を目指し向かった。

盛岡から沢内街道を通り、西和賀へ~
車で一時間弱で着く。
「真昼温泉」の名の由来は近くに真昼岳と言う山があるかららしい。
登山客も多く、シーズンにはその人たちの憩いの場にもなっているようだ。

温泉としては古いが10年ほど前に改築して新しくなったそうで気のぬくもりを感じる綺麗な建物だ。(建物を撮ろうとすると近くの駐車場の車や民家が入ってしまうため、撮るのを断念。気になる方はPCで検索してネ)

お風呂も脱衣所もいい感じ!

無色透明無臭のアルカリ性単純泉。
ツルツルっとぬめりがあるいいお湯だ♪
窓を開けると、眼下に森に囲まれた水田が見える。
鳥の声と風が気持ちいい!

男風呂との境目の天井部分に空間があり、話し声が良く聞こえる。
私たちが一番風呂で、他に誰もいなかったので「ここいいね~~♪」と話しながら入った^^

少しして地域のおばあちゃんたちが3人入ってきて賑やかになった。
方言がイイ~よそ者の私にも気さくに話しかけてくれる。

おばあちゃんたちの話だと、休憩室(10畳ほどの和室)はお弁当の持ち込みOKなのだそうだ。
今度はおにぎりを持っていらっしゃい、と言われた^^

昨日は近くの「およね食堂」でお蕎麦を食べるつもりでお弁当を作らなかった。
今度はお弁当を持ってこよう。

「真昼温泉」お気に入りのトップに入りそうだ♪

では、昨夜のごはん。
c0324959_11491556.jpg

☆イカと長ネギの和風パスタ、野菜サラダ、小松菜と油揚げの和え物


ポンコツ夫婦が思う良い日帰り温泉のポイントは、泉質や施設の充実度も大事だが、地域の人が大事に利用している感があることだ。
そういう温泉は地元の人たちがマナーを守り清潔に保たれている。
「真昼温泉」はまさにそんな感じの温泉だった。

昨日は気持ちまで温まった・・・思い出すとしみじみする^^

また行くからね~「真昼温泉」♪

c0324959_11485744.jpg


[PR]
by 20070707open | 2015-05-29 11:58 | 日帰り温泉 | Comments(2)

よがんすな~♪

5連休に入った翌日から今日までら3日間、温泉三昧をしてしまった・・・

1日目はポンコツ夫婦と娘も一緒に、いつもの田沢湖・水沢温泉
2日目は久しぶりの秋田・相野々の共林荘
3日目は岩手・西和賀の真昼温泉

共林荘のお湯はポンコツ夫婦お気に入りの泉質である。
何年も前、近くの道の駅でレジのお姉さんに「近くに穴場的な温泉はないですか?」と聞いたら教えてくれた温泉場だ。

設備は決して新しくない(失礼)が、いつ行っても清潔な感じがする。
新館の大浴場と、昔からある小さな浴場は隣接しているのに泉質が違う。
2つ穴を掘ったら違う泉質の湯が出たのだそうだ。
大浴場はアルカリ性単純泉、小浴場はアルカリ性単純硫黄泉。
私たちが好んでいつもは入るのは小さい方のお風呂。
とろっ、つるっとしていていいお湯なのだ。飲泉もOK。

この日は空いていて貸切だったので、お風呂場を写すことができた♪
c0324959_16085428.jpg
面白いことに小さい方のお湯はお湯の色がその日によって違う。
c0324959_16091544.jpg
水色の白濁した日、緑色の白濁した日、白濁した日、黒っぽい日~~
昨日は、男湯は薄く緑ががって若干濁っていたそうで、女湯は少し白く濁っていた。

入湯料450也。なかなか良い♪
450円で大浴場と小浴場とかけもちをする人もいるようだが、私らは一か所で十分満足^^
あっ、それと行くたびに感心するのは新しいタイプのドライヤーを置いていることだ。
髪の毛が多くて長い私にとってこれは嬉しい。ポイント高いよ~^^

温泉に入り、地元の蕎麦を食べ、帰りは景色を楽しみながらゆっくりドライブ。極楽極楽~

そして、今日の真昼温泉は・・・書きたいことがいっぱいあるのでまた後ほど書くことにしよう。

では、そんなこんなでここ何日かの晩御飯。
昨日~今日は涼しいが、その前は何日も暑い日が続いた。
暑い時は冷麺が食べたくなる盛岡人!
c0324959_16074596.jpg
インスタントを買ってきて家で作って食べた。
お店で食べるのとは違って麺もスープも物足りないが、2人分の麺とスープが入ったものが290円ほどで買えるのでかなりお得。
具もお店のものに近づけて~なかなかいいんでない?

そしてその翌日はじゃじゃ麺を食べた。
c0324959_16080810.jpg
これも、麺とじゃじゃ味噌は市販品。
家で簡単に作れる♪

糠漬けも大事な脇役^^
c0324959_16083274.jpg

盛岡三大麺、残るはわんこそばだが・・・
わんこそばだけはお店で食べたい~お蕎麦を盛る係りが大変だもんね(笑)

昨夜は、というと、昨夜も手抜きで冷蔵庫の余り物のグリル焼き^^;
c0324959_16093337.jpg

さて、5月後半は私の休みが多かったのでたくさん遊んでしまった。
今のうちに温泉に行っておこう!と思ったのは、気候がいいこともあるが、6月から7月が忙しくなるからだ。

あ~~、そのことを考えるとちょっと気が重いな・・・
ダメダメ、今から心配するのは良そう。

いずれ、温泉から帰ってぇ~の~おうち居酒屋はよがんすな~~
やっぱりここは極楽だなっす~(*´▽`*)


[PR]
by 20070707open | 2015-05-28 16:27 | 日帰り温泉 | Comments(8)

久々の大沢温泉に感動!

そんなに忙しいわけでもないのに、ちょっと油断をするとブログの更新があっという間に滞ってしまう。いかんいかん。。。

18日から昨日の20日の三日間は、また温泉三昧をしてしまった。

18日は宮古の「ゆったり館
19日は花巻の大沢温泉菊水館・豊沢の湯
20日は「八幡平ハイツ

「ゆったり館」と「八幡平ハイツ」はわりととよく行く馴染の温泉だ。

19日に出かけた花巻大沢温泉は娘も一緒だった。
ポンコツ夫婦は10年ぶりのお湯である。
こんなにいろいろ出かけているのに、不思議なもので近場の湯ほど足が遠くなっていることがわかる。
c0324959_09453006.jpg

大沢温泉は全国的に有名な秘湯で、都会の方が訪れれば感動すること間違いなしの味わいのあるたたずまいだ。
お湯は透明なアルカリ単純泉。とろみがあって誰が入っても満足するであろう名湯だ。

菊水館は自炊部があり格安で泊まることが出来る。
私たちが入った「豊沢の湯」の他に「薬師の湯」「かわべの湯」「南部の湯」「大沢の湯」(大露天風呂)などがある。
いずれも日帰り入浴は600円で入ることが出来る。

菊水館に隣接する「ホテル山水閣」は高級感のあるホテルで、こちらは1000円で日帰り入浴ができる。

「豊沢の湯」は今の時期、広い風呂場の大きな窓が全開で、半露天風呂になっている。
写真でお伝えできないのが残念だが、温泉を見下ろすような緑いっぱいの山肌とその下を流れる川の景色が素晴らしい!!
日常の憂さを忘れる時間を過ごすことが出来る。

極楽だ・・・

ここ何年か好きな温泉になかなか行けないような生活をしてきたポンコツ夫婦だ。
最近は心配事が一個~また一個と解決して、余暇を楽しめるような生活が戻ってきて嬉しい。

では、そんなこんなで夕飯の写真。

c0324959_09462984.jpg
銀鮭の塩焼き、きゃらぶき、ナスとたまねぎと小松菜の味噌炒め、イカときゅうりの酢の物、なめ子汁

c0324959_09455020.jpg
焼きそば、豆もやしの中華風和え物、刺身こんにゃく、茹で鶏の煮汁で作ったスープ

c0324959_09461129.jpg
豆腐のつくね、ひじきの煮付け、尾長マグロのやまかけ、大根と葉の味噌汁

それにしても、ここ盛岡は派手さのない街だが、東西南北、自然と温泉が楽しめるいいところだ。
食べ物も、海の物・山の物~そして酒~すべてが美味い!

ポンコツ夫婦は土地や家や人間関係に固執しない価値観を持っていると思っていた。
今までも今のところを引っ越してどこか遠くへ行こうか~
と真剣に考えたことが何度もあるが・・・
岩手、盛岡はなかなか良い。
まさにイーハトーブ。

結果、盛岡に固執しているな・・・(笑)


[PR]
by 20070707open | 2015-05-21 09:59 | 日帰り温泉 | Comments(2)

極楽極楽~~

昨日、早朝の地震にもめげず、会社が休みの娘と温泉に行った。
運転手は娘~母は気楽??に助手席でナビ担当。
行先は、最近はまってる田沢湖方面の水沢温泉

夫は昔の仕事仲間との集まりがあり、残念ながらそちらへお出かけだ。
私たちが楽しくドライブの準備をしていると「約束さぼりたくなっちゃうな」とぼやく。
「さぼれば?~温泉行きましょうよ」と誘ったが、そういうわけにもいかず・・・悪いね、私たちだけ(^^ゞ

温泉好きの私の影響で、娘は小さいころから近場の温泉をあちこち知っている。
最近働くようになって、仕事の疲れを取るため、オンとオフを切り替える方法のひとつに「ドライブ~温泉~地元B級グルメ」という過ごし方が気に入っているようだ。

水沢温泉でゆっくり濁り湯を堪能した後、角館まで行って遅めのランチタイム♪
女子トークで盛り上がった(笑)

角館にはお気に入りの蕎麦屋やカフェレストランが何件かあるが、昨日は「土間人」という古い町屋の建物を活かしたレストランに行ってパスタセットとネギ味噌ピザを食べた。
c0324959_18083598.jpg

そして帰りも娘の運転で来た道を戻った。
温泉でさっぱりし、お腹も膨れた私は途中ウトウトしてしまった。
極楽極楽~~の一日だった(^^♪

そして今日の木曜日は夫と激安スーパーに買い物に行った。

スーパーに向かう道すがら、花巻の台温泉で日帰り温泉だけ営業している「精華の湯」に立ち寄った。

昨日、私と娘だけ温泉を楽しんだので、今日は夫にも楽しんでもらおうと思って・・・

「精華の湯」に入ったのは久しぶり。
日帰り専用(入湯料500円)なので、地元の人などが銭湯のような感覚で利用していて時々すごく混んでいるときがある。
今日は早い時間だったせいか、貸切状態だった。ラッキー!
あまり広くない内湯だけだが、窓から見える木々の緑がなんとも爽やかだ。

透明で濃い感じのするお湯だ。かけ流しの湯が清潔感たっぷりで、なかなかいい♪

これで夫のご機嫌も上々。
私は2日続けて温泉三昧~やはり気分上々♪

では、そんなこんなで昨夜のごはん。

c0324959_18085125.jpg
☆稲庭うどん(冷)、味の干物(朝の残りで一尾だけ)、ホヤの刺身、糠漬け


さて、今の季節、空気が乾燥しているし陽射しも強く、肌の調子が乱れがち...
温泉の効能ってすごいんだね。。。お肌、つるつる~^^

これだから日帰り温泉はやめられまへんな~~♪



[PR]
by 20070707open | 2015-05-14 18:19 | 日帰り温泉 | Comments(2)